特別講演会 殿村 美樹 氏
「地方から国民的ブームをつくる方法 —人がみずから動く仕組みをつくる—」
13:10~14:10 <講堂>

 東京一極集中が進むほどに衰退を余儀なくされていた地方。東京の発展を支えるかのごとく人材や物資を供給しつづけた結果、地方は今、著しい高齢化と人口減少に陥っています。
 しかし現実には日本人の7割が地方に居住しています。つまり地方の衰退はそのまま日本の衰退に繋がるのです。
 私は30年間にわたり約3,000件の地方PRを手掛けてきました。その経験を踏まえて、地方には「人を動かす」概念ではなく「人がみずから動く仕組み」が必要と確信しています。その仕組みを理解し実践すれば、お金をかけることなく地方から国民的ブームをつくることは十分可能であり、世界を視野に入れた地域の発展は現実になります。当日はそのポイントと方法を多彩な事例とともに詳しく解説します。

講演者プロフィール

1961年 京都府宇治市生まれ。大手広告代理店、PR会社を経て、
1989年 PR専門の「TMオフィス」創業。
1992年 株式会社TMオフィス設立。代表取締役に就任。
地方と文化のPR戦略に特化した事業展開で約3,000件の実績を積み、独自のPRノウハウを確立。
主な実績に「今年の漢字」(漢字ブーム)「佐世保バーガー」「ひこにゃん」(ゆるキャラブーム)「うどん県」(自虐PRブーム)など多くの国民的ブームがある。
2009年 関西大学社会学部「広報論」講師
2015年 同志社大学大学院ビジネス研究科 MBAブログラム「地域ブランド戦略」教員
2016年 内閣官房 ふるさとづくり実践活動チーム 委員
    (公社)日本パブリックリレーションズ協会 理事
2017年 内閣府 地域活性化伝道師


お問い合わせ先
岡山県立大学 地域共同研究機構 産官学連携推進センター
TEL:0866-94-2205 / FAX:0866-94-2206
E-mail:rcr-sec@ad.oka-pu.ac.jp
ページのトップへ戻る